ZAPZAP!

アルテミス計画_1

アメリカが実施予定の月の各種探査計画に関して今月10日、文部科学省はアメリカ側と月探査協力に関する共同宣言に署名したと報じられています。今後注目されるのは日本人宇宙飛行士の月面着陸。実現の可能性はあるのか紹介していきます。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_121

「スタジオで撮影された」などと主張する人が未だに存在するアポロ計画。今回は本当に実施されたのか、その決定的な証拠の一つとしてロシア人の天文学者らが中国の人工衛星が過去に撮影した画像から月面に残された全てのアポロ計画の痕跡を見つけ出すことに成功したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_49

宇宙の観測に用いられる電波望遠鏡。光学望遠鏡よりも構造上作りやすいこともあり地球上にも巨大な施設があるのですが、NASAはお椀型の月のクレーターを用いることで直径1km級の望遠鏡を作る計画があると報じられています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_37

アメリカが中心となり開発・建造が始まる月軌道上の小型宇宙ステーション『ゲートウェイ』。これに関してゲートウェイへの物資輸送に関してスペースXが新たに開発するドラゴンXLが採用されることが決定されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

アルテミス計画

トランプ政権下のアメリカは2020年代に再び有人月面探査を行うアルテミス計画を進めています。この計画では史上初となる女性宇宙飛行士の月面着陸も予定されているのですが、現在のアルテミス計画がどのようになっているのか詳細が報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルームーン_1

海外メディアによると、AmazonのCEOでおなじみのジェフ・ベゾス最高経営責任者率いる民間宇宙企業ブルー・オリジンはアメリカが2024年にも再有人月面着陸を目指す計画に関して着陸機の開発に向けてロッキード・マーティンなど3社と開発協力を契約したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_27

国際宇宙ステーション引退を控え次なる宇宙開発としてアメリカが計画しているアルテミス計画に関して、日本の内閣府宇宙政策委員会はこの計画に正式参画する方針を明らかにしました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Large Inflatable Fabric Environment_1

アメリカの民間企業シエラ・ネバタ社が開発しているのはスペースプレーンだけではありません。実は宇宙で宇宙飛行士らが活動するモジュールの開発も進めています。これはLIFEと呼ばれるもので宇宙でふくらませることで直径8mの巨大モジュールとして利用することができます。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_51

近年熱くなっている月探査計画に関して韓国が2020年にも打ち上げるとしていた軌道船および着陸機に関して2022年7月に延期されたと報じられています。原因は搭載するこれら探査機の重量が重くなりすぎたことにあるとしています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_29

今年7月にインドが打ち上げた月面無人探査機チャンドラヤーン2号に関して、降下中に通信が途絶し着陸は失敗したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ