ZAPZAP!

image_248

アメリカのトランプ政権が再び実施することを決定した有人月面着陸、いわゆるアルテミス計画に関してCNNによるとNASAの発表として今後5年間つまり2024年までの再有人月面着陸までの事業費として約2兆1800億から約3兆2700億円が必要であることが明らかになりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_148

アメリカが2024年に再び実施しようとしている有人月面着陸に関して、中継基地となる月軌道に建設されるゲートウェイという小型宇宙ステーションに関して、そのモジュールの一つの製造にマクサー・テクノロジーズと契約を交わしたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_99

先月、制御不能に陥り月面に墜落したイスラエルの人工衛星に関してアメリカ航空宇宙局(NASA)は月を周回する探査機が撮影した写真から墜落地点とその残された痕跡を発見したと発表しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_105

アメリカが2024年末までに再び有人月面着陸を実施することに関してまだ決まっていない月着陸船の開発に関してNASAは11社の企業に対して開発を打診していたことが明らかになりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_91

アメリカによる今後の宇宙開発として月面開発、特に有人による月面探査を2024年に行うとトランプ政権が推し進めています。これに関してNASAはその実現のために追加で16億ドル、日本円で約1750億円の追加予算を議会に要請することを発表しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

71fcf3d0

トランプ政権により進められている2024年の有人月面着陸。これはアポロ計画以来実施されていなかった文字通り宇宙飛行士による月面着陸を行うというものなのですが、実施に関していくら費用がかかるのでしょうか。実はこの費用については未だよく分かっていないといいます。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_194

今月11日イスラエルの無人月探査機がコントロール不能に陥り月面に墜落した件について、この探査機に搭載していたLunar Retroreflector Array(LRA)というNASAの機器は非常に頑丈に作られているため、もしかしたら壊れずに生き残っている可能性があるとのことです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルームーン_1

Amazonの創業者でお馴染みのジェフ・ベゾス氏が設立したブルー・オリジンは先日、月面に着陸し探査機を展開できる無人着陸機ブルームーンを発表しました。将来この機体を大型化した有人着陸船の開発も構想されているそうです。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_160

先日、アメリカのペンス副大統領及びNASAが発表した2024年までに有人月面探査を再度実施するという計画に関して、F-35やF-22の開発でお馴染みの航空宇宙大手ロッキード・マーティンが有人探査を可能とする着陸船『アーリー・ゲートウェイ』を発表しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_144

氷が発見されたことで今後、有人月面探査や基地の建設が始まると注目されている『月』。この月に先日、イスラエルの企業が民間としては世界初となる無人探査機の着陸が実施されたものの、通信トラブルとエンジントラブルが発生し失敗に終わったと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ