ZAPZAP!

月

国際宇宙ステーション引退後の宇宙開発として注目されているのは月です。これに関してロシアの宇宙機関にあたるロスコスモスはこれまで計画に参加するとしていたアメリカの月軌道の宇宙ステーション『ゲートウェイ』に関して参加しないと報じられています。続きを読む

BFR_1

アメリカの民間宇宙企業スペースXは月への民間人を載せた宇宙旅行計画に合わせて、2018年バージョンのビッグ・ファルコン・ロケット(BFR)を発表しました。BFR自体は昨年も発表されていたのですが、打ち上げ能力は更に低下し低軌道に100トンあまりと現実的な数値まで低下しました。続きを読む

image_101

国際宇宙ステーション引退後の宇宙開発としてアメリカを中心に月軌道に小型宇宙ステーションを建造し将来は月・火星開発などが計画されています。この計画に関して先日、内容が更新されたと報じられています。続きを読む

image_1337

人類が唯一到達したことがある太陽系の天体『月』。以前から、月の北極と南極のクレーター内などに氷があるのではないかという研究結果は報告されていたのですが、先日NASAが開発した観測装置により確実に氷がある証拠を見つけたと報じられています。続きを読む

↑このページのトップヘ