ZAPZAP!

有人火星探査

ディープスペースゲートウェイ

アメリカが進めている火星有人探査計画。航空宇宙大手ボーイングは宇宙空間に展開する居住スペースとして『ディープスペースゲートウェイ』、及び人類や探査機器を火星に送るという『ディープスペーストランスポートビーグル』を発表しました。続きを読む

火星

火星は大気圧は地球の1/100程度しかないとう厳しい環境が広がっています。これは地球に比べ重力が弱く太陽風により大気を失ったことが原因とされているのですが、火星に近い宇宙空間に磁気シールドを展開することで大気層を作り上げることができるという案があるそうです。続きを読む

image_32

スペースXが現在開発している新型ロケット『マーズ・コロニアル・トランスポーター』について、搭載する新型エンジンの『ラプター』の初の燃焼試験を今後数ヶ月以内に開始すると報じてれています。(写真は参考資料)続きを読む

↑このページのトップヘ