ZAPZAP!

核融合

核融合

次世代の発電技術として重水素などを用いた核融合発電というものがあります。現在は発電するどころか核融合反応を継続させること自体が難しいという状態なのですが、マサチューセッツ工科大学は発電を行える発電炉を15年以内に建設すると発表しています。続きを読む

img_33

ドイツの学術研究機関マックス・プランク研究所に建設されたヘリカル型としては世界最大規模の核融合炉『ヴェンデルシュタイン7-X』について先日稼働を開始したと発表しています。この実験施設では今後生成されるプラズマを約1億度を超える温度にすることと、長時間のプラズマを維持する研究を行ないます。写真は生成された数千万度プラズマ。 続きを読む

核融合炉

アメリカの航空宇宙、そして軍需企業として有名なロッキード・マーティンが今年発表したのは遅くても15年後までに実用化できるという小型核融合炉です。夢の発電技術と言われる核融合発電についてロッキード・マーティンの核融合炉は実現可能なものなのでしょうか。続きを読む

↑このページのトップヘ