ZAPZAP!

核融合

image_98

米国カリフォルニア州にあるローレンス・リバモア国立研究所で行われた実験として、高エネルギーを固体炭化水素に照射することで地球上の大気圧の最大4億5000万倍という超高圧環境を作り出すことに初めて成功したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

EAST_5

次世代の発電技術として開発が進められているのは核融合という技術です。その技術開発を行っている中国のEASTという実験炉では先日プラズマの電子温度が1億度に到達したと報じられています。今回は実験後に撮影された内部の様子も紹介します。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

核融合

次世代の発電技術として重水素などを用いた核融合発電というものがあります。現在は発電するどころか核融合反応を継続させること自体が難しいという状態なのですが、マサチューセッツ工科大学は発電を行える発電炉を15年以内に建設すると発表しています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

img_33

ドイツの学術研究機関マックス・プランク研究所に建設されたヘリカル型としては世界最大規模の核融合炉『ヴェンデルシュタイン7-X』について先日稼働を開始したと発表しています。この実験施設では今後生成されるプラズマを約1億度を超える温度にすることと、長時間のプラズマを維持する研究を行ないます。写真は生成された数千万度プラズマ。 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

EAST

核融合という次世代技術からエネルギーを得ようと各国で研究が進められているのですが、中国の研究施設では超高温のプラズマを102秒閉じ込めることに成功したと発表しています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_2

ドイツを代表する学術研究機関マックス・プランク研究所はヘリカル型としては世界最大の核融合炉が完成したと発表しています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_3

現在、核融合反応を起こす方法についてはタイプがあるのですが、マサチューセッツ工科大学の研究チームはトカマク型をコンパクトにした新型の反応器を考案しているとのことです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイダロス計画

未来の技術として核融合がありますが、ボーイングは核融合により得たエネルギーを使い宇宙船やロケットの推進機関という特許を取得していたことが明らかになりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

核融合炉

アメリカの航空宇宙、そして軍需企業として有名なロッキード・マーティンが今年発表したのは遅くても15年後までに実用化できるという小型核融合炉です。夢の発電技術と言われる核融合発電についてロッキード・マーティンの核融合炉は実現可能なものなのでしょうか。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

CFR_1

実用化できれば人類史に残る革命になると表現してもよい小型核融合炉について、米軍需企業ロッキード・マーティンが開発している核融合炉の詳細が明らかになったの紹介していきます。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ