ZAPZAP!

極超音速

image137

所謂次世代兵器として各国が積極的に開発を続けているのは極超音速ミサイルです。これに関して先月末にワシントンで開かれた会議でロッキード・マーティン製のトレーラー移動式長距離極超音速兵器が発表されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Hypersonic Technology Demonstrator Vehicle_1

近年が進められている軍事兵器の一つとして極超音速技術があります。これに関してインド国防総省は極超音速機の試験を行い一連の試験に成功したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_125

近年世界各国で開発が進んでいるのは宇宙や大気圏内を極超音速で飛行する兵器です。米空軍はジェネレーション・オービットと契約しX-60Aという試験機を開発しているのですが、いったい機体になっているのでしょうか。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_70

アメリカなどいくつかの国で開発されているのは大気圏内を高速で移動することができる極超音速機です。これに関して中国ではスケールモデルでそれぞれ形状が異なる3つの極超音速機の試験が行われたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラモス

ロシア、インドの合弁会社「ブラモス エアロスペース」が開発している超音速巡航ミサイル『ブラモス』に関して、同社のCEOは今後7年から10年以内に飛行速度がマッハ7という極超音速巡航ミサイルを開発すると発表したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_24

私達一般人が手軽に乗ることが出来る最速の移動手段は航空機です。しかし、現在マッハ1以下つまり亜音速での移動しか運用が行われていません。一方ボーイングはローンドンーニューヨーク間をわずか2時間程度で移動できる極超音速旅客機研究を行っているそうです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_16

中国メディアによると4月27日夜、中国の広い地域でロケットの打ち上げのような痕跡が確認され中国軍が開発している極超音速兵器の試験だった可能性があると伝えています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ