ZAPZAP!

毒食品

image_11

ありとあらゆる方法で時には人体に有害なものであっても混入するという徹底ぶりの中国。先日ブラジルの業者が輸入した中国産の魚について水と化学物質を注入し重さを水増ししたものが確認されたと報じられています。
続きを読む

image_66

日本には様々な漬物がありますが流石にホルマリン漬けは聞いたことがありません。中国メディアによると、山東省済南市の市場で購入した魚があまりにも固く専門家に話しを聞いたところどうやらホルマリン漬けされた可能性が高い魚だった報じられています。続きを読む

image_18

中国製乳製品、特に乳児用の粉ミルクについて人体に有害な メラミンを混入させていた事件から数年が経過しますが、中国農業部は信頼性がゼロに近い国内の乳製品について外国人が買っていくような信頼性を築き上げていきたいと説明しているそうです。続きを読む

東海屋

先月末、東京都立川市の小学校7校で児童ら1,000人以上がノロウイルスによる集団食中毒事件。実はノリを製造した「東海屋」が従業員がノロウイルスを発症していたにも関わらず働き続け、素手で食材を扱うなど極めて衛生概念の薄い業者であったことが明らかになりました。続きを読む

image_72

中国の汚染食品に関しては過去何度報じられているものの、それにより直接人が死亡したというケースはほとんど耳にしませんよね。非常に不思議だったのですが、中国当局が発表した資料によると昨年、汚染食品による死者数は1万人達していたことが明らかになりました。続きを読む

image_30

数年前から問題になっている中国の偽装塩。わずか数グラム摂取したけで死亡する恐れがあるという塩がまたも中国で食塩として販売され経営者が逮捕されたと報じられています。 (写真は参考資料)続きを読む

↑このページのトップヘ