ZAPZAP!

火星

エクソマーズプロジェクト

欧州宇宙機関(ESA)がロシアのロスコスモスと共同で進めているのは『エクソマーズ』という探査車を火星に送り込む計画です。既に2018年の打ち上げから2020年に延期されたプロジェクトなのですが現在どのような開発状況なのか紹介していきます。続きを読む

image_12

アメリカの軍事大手ロッキード・マーティンは有人火星探査を実施可能とする離着陸機『MADV』を公開しました。同社によると火星軌道上に展開する『マーズベースキャンプ』から火星地表に垂直着陸可能な宇宙船と説明しています。続きを読む

image_15

アメリカの民間宇宙企業、スペースXの共同設立者およびCEOのイーロン・マスク氏は昨年発表した大規模な人類の火星移住計画について「(自分たちが)生きている間に実現可能だと思ってほしい」として、同社の今後の宇宙開発について将来の計画を改めて発表しました。続きを読む

↑このページのトップヘ