ZAPZAP!

火星-15

火星15

2017年以降、北朝鮮から相次いで発射された弾道ミサイル。このような弾道ミサイルには射程ごとに『短距離弾道ミサイル』や『中距離弾道ミサイル』などと分けられているのですが、韓国政府は北朝鮮が保有している超長距離弾道ミサイルである大陸間弾道ミサイルは発射台付き車両からの発射能力が完全ではないと判断していると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

火星-15

北朝鮮が保有する弾道ミサイルとしては最大となる火星-15。アメリカ本土、ワシントンを射程に収めていると考えられているのですが、実はこの大陸間弾道ミサイルについて、1960年代以降旧ソ連が配備していたUR-100というロケットに似ているという指摘がされているそうです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

火星-15

北朝鮮が先月29日に発射した新型の大陸間弾道ミサイル『火星-15』について、北朝鮮の国営メディアが放送した映像の中に打ち上げ時に至近距離で立ちすくむ人物が写っていたことがわかりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

火星15_1_

北朝鮮が先日29日未明に発射した大陸間弾道ミサイル『火星15』(火星-15型)について、韓国メディアによると弾頭部分がマッハ24で大気圏再突入をしていたことがわかったと報じられています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

火星15_2

先月29日、北朝鮮が発生した弾道ミサイルについて発射から数日経った現在、具体的な性能は発表されていないものの推定される性能が徐々に明らかになりつつあります。今回はそれらをまとめてみました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

火星15

29日未明に発射されたICBM、大陸間弾道ミサイルに関して北朝鮮の朝鮮労働党機関紙『労働新聞』は火星-15の写真を公開しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

北朝鮮重大告知_4

日本時間2017年11月29日午後12時30分に放送された朝鮮中央テレビによると、北朝鮮は『火星-15(Hwasong-15)』という新型のロケットの試験を実施したと発表しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ