ZAPZAP!

火星-15

火星15

2017年以降、北朝鮮から相次いで発射された弾道ミサイル。このような弾道ミサイルには射程ごとに『短距離弾道ミサイル』や『中距離弾道ミサイル』などと分けられているのですが、韓国政府は北朝鮮が保有している超長距離弾道ミサイルである大陸間弾道ミサイルは発射台付き車両からの発射能力が完全ではないと判断していると報じられています。続きを読む

火星-15

北朝鮮が保有する弾道ミサイルとしては最大となる火星-15。アメリカ本土、ワシントンを射程に収めていると考えられているのですが、実はこの大陸間弾道ミサイルについて、1960年代以降旧ソ連が配備していたUR-100というロケットに似ているという指摘がされているそうです。続きを読む

火星15_2

先月29日、北朝鮮が発生した弾道ミサイルについて発射から数日経った現在、具体的な性能は発表されていないものの推定される性能が徐々に明らかになりつつあります。今回はそれらをまとめてみました。続きを読む

↑このページのトップヘ