ZAPZAP!

火星

image_80

今月19日、欧州とロシア共同による計画「エクソマーズ」で火星に着陸予定の「スキアパレッリ」が墜落したこと関して、探査機を開発したESAはコンピュータが空中にいるにもかかわらず着陸したと誤判断した可能性があると報じられています。続きを読む

image_52

イーロン・マスク氏率いるスペースXが2020年代に実現可能だと主張しているのは人類の火星移住です。超大型ロケットを開発しこれを実施すると先月末に発表されたばかりなのですが、今回は火星でどのよなことを行う必要があるのか本人から語られました。続きを読む

image_36

欧州宇宙機関ESAとロシアの宇宙機関にあたるロスコスモスが共同でおこなった火星探査計画に関して第一弾として火星着陸を目指した着陸機が行方不明になっていた件に関して、着陸予想地点付近で衝突痕が確認されたと報じられています。続きを読む

image_29

先日、スペースXは人類火星移住計画として超大型ロケットと宇宙船を打ち上げ早ければ2020年代にも実施すると発表しました。移住にあたり問題となるのは火星の厳しすぎる環境なのですが同社のCEO、イーロン・マスク氏には火星の環境そのものを変える方法を提案しています。続きを読む

image_5

今月19日、火星への着陸が実施されるのは「スキアパレッリ」という着陸機です。この着陸機は将来の探査車を送り込むデータ収集という役割があるのですが、今回はロシアと欧州が共同で行っている火星無人探査計画『エクソマーズ』について紹介していきます。続きを読む

image_15

アメリカの民間宇宙開発ベンチャー、スペースXは今後の宇宙開発として2020年代に実施する大規模な人類火星移住計画を発表しました。運用される宇宙船には一度に100人が搭乗できるなど桁違いの規模となっています。続きを読む

↑このページのトップヘ