ZAPZAP!

病院

image_73

韓国で近年相次いでいるのは、医療資格などを持っていない無資格の人間による医療行為です。これに関して最近、女性専門医院で脂肪分解注射を無資格の看護助手が行ったことで皮膚が腐るなどのトラブルが確認されていると報じられています。続きを読む

image_56

韓国では昨年2月に延命医療決定法が施行され自然な死を迎えるいわゆる尊厳死を自ら、もしくは家族が選択することができるようになりました。いくつか条件や制限があるのですが施行から1年以上が経った現在その結果が明らかになりました。続きを読む

image_17

一生のうち一度くらいはお世話になる手術室。この特別な空間に関して韓国メディアによると法律が一部改正され手術中は『関係者以外立ち入りが禁止』になるとのこと。当たり前のようなことなのですが、いったいどういうことなのでしょうか。続きを読む

image_52

手術中に発生する医療事故についてはこれまでも様々な事例が報告されているのですが、一方韓国で手術を受けた患者の胃からなんと35cmもある巨大ガーゼが見つかったと報じられています。しかし、病院側からは患者が「ガーゼを食べたのではないか」などと言われたとのことです。続きを読む

image_1

日々様々な症状を訴える患者を個別に診察している医師。過去の症例やレントゲン、CTなど適切に判断するという能力が求められるのですが、韓国で脳出血で病院に訪れた患者を酔っぱらいなどと判断しその後死亡させたとして業務上過失致死傷罪が言い渡されたと報じられています。続きを読む

↑このページのトップヘ