ZAPZAP!

系外惑星

トラピスト1_1

昨年、地球からみて水瓶座の方角にあるTRAPPIST-1(トラピスト1)の観測が行われた結果、新たに4つの惑星が発見されました。公転しているのは何れも地球型惑星で地表に水があると期待されていたのですが、水の量が多すぎ完全な水の惑星になっている可能性があると研究結果が報告されています。続きを読む

image_8

恒星の一つとして太陽よりも軽く小さく表面温度も低い『赤色矮星』というものがあるのですが、先日10の赤色惑星から合計で15個の系外惑星を初めて見つけたと発表されました。その一部は地表に水が存在する可能性もあるとしています。(画像は参考資料)続きを読む

image_59

ニュース等でも報じられていた人工知能(AI)により発見されたという系外惑星『ケプラー90i』。「人間は暮らすことはできない」などともコメントされていましたが、具体的にどのような天体になっているのか今回はこの天体やケプラー90惑星系について調べていこうと思います。(写真は想像)続きを読む

↑このページのトップヘ