ZAPZAP!

系外惑星

image_155

本格的な夏を迎えた地球の北半球。日本では連日30度を超える日が続いていますが、一方で太陽系の外側に目をやると想像することが出来ない環境で公転し続けている惑星があることが判明しました。今回発見された巨大ガス惑星、なんと上層部の大気が摂氏2500度というよくわからない温度になっていました。続きを読む

image_13

私達の銀河系にある恒星とその周りを公転する系外惑星。ケプラー宇宙望遠鏡により観測され発見されてきた数々の地球型惑星に関して、実はノイズの影響で惑星と誤検出されたものが含まれている可能性があるそうです。ちなみにこの論文は同望遠鏡の科学チームに所属していた学者により発表されています。
 続きを読む

トラピスト1_1

昨年、地球からみて水瓶座の方角にあるTRAPPIST-1(トラピスト1)の観測が行われた結果、新たに4つの惑星が発見されました。公転しているのは何れも地球型惑星で地表に水があると期待されていたのですが、水の量が多すぎ完全な水の惑星になっている可能性があると研究結果が報告されています。続きを読む

image_59

ニュース等でも報じられていた人工知能(AI)により発見されたという系外惑星『ケプラー90i』。「人間は暮らすことはできない」などともコメントされていましたが、具体的にどのような天体になっているのか今回はこの天体やケプラー90惑星系について調べていこうと思います。(写真は想像)続きを読む

↑このページのトップヘ