ZAPZAP!

蓄電

image_75

古くから使われるレンガ。ワシントン大学によるとどこにでもある赤レンガを蓄電池にする技術を開発したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Thermal Energy Device

時計からスマホ、デジカメ、そして車。ありとあらゆる電子機器に搭載されているのは蓄電池です。巨大なものでは水力発電所(揚水)が水蓄電池と判断されることもあるのですが、オーストラリアの『CCT エナジストレージ』という企業が熱を蓄電池として使うという熱蓄電池を今年販売すると発表しています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_128

時計の裏に潜む電池からスマートフォンやデジカメを動かす電池など、電池は現代社会に欠かせない電力機器の1つになっているのですが、韓国では高価なリチウムイオン電池を使用しないエネルギー貯蔵システム用の低コストの『海水電池』を開発していると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

風力発電

地球温暖化を始めとした環境問題から太陽光や風力など再生可能エネルギーの導入が進められています。一方で不安定な電源であるため将来的に蓄電も必要とされているのですが、これに関してマンガン水素電池という安価な蓄電池の開発に成功したと報じられています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

reversible solid oxide fuel cell

電池は電池でも電気を貯めることが出来なかった燃料電池についてアメリカのボーイング社は蓄電池としても使用可能な燃料電池の開発に成功したと発表しています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_1

豊かな緑が広がる農村に建設されたのは長さ700m、深さ85mという巨大な池です。周囲の風景には似合わない異様な施設なのですが、実はただの池ではなく発電を目的とした揚水発電施設とのことです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

風力発電

風力や太陽光を利用した再生可能エネルギーの発電。低炭素社会の象徴とも言える発電方法なんですが、今回は米大学によるこれら発電方法の余剰電力について蓄電はするべきなのか否かについての研究を紹介していきます。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ