ZAPZAP!

衛星

衛星パン

先日、土星探査機『カッシーニ』により初めて高解像度画像が撮影されたのは衛星「パン」です。以前からひし形のような形をしていたのは分かっていたのですが、今回撮影された姿は円盤のように自然に作られたとは考えられない姿をしていることが明らかになりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

土星

太陽系の中で最も多くの衛星を従えているのは土星です。その数は60以上となっているのですが、一部は土星のリングの中に存在しています。細かいチリでできたリングの中を公転する衛星はどのような姿になっているのでしょうか。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ディオネ_2

土星を周回する衛星の一つ『ディオネ』。直径は1100kmという比較的大きな天体なのですが、実はこの天体には地表の明るさが異なる2つのエリアが存在します。一体なぜこのような違い生じているのでしょうか。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_35

地球には『月』という衛星がありますが、火星には月ほど大きくはないものの2つの衛星『フォボス』と『ダイモス』が公転しています。この火星の衛星についてこれまで接近していきた小惑星を従えたという説が有力だったものの巨大天体の衝突により作られた可能性が高いという研究結果が報告されているそうです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_8

海外メディアによると軌道上の軍事衛星に対する攻撃などの宇宙における軍事行動に関して米中がホットラインが新たに設けられたと報じられています。写真は開発中の軍事衛星「モアレ(MOIRE)衛星」続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_20

現在アメリカが将来の宇宙開発として目標としてる2030年代の有人火星探査について、実際に行われる前段階で火星の衛星フォボスへの有人着陸が行われる計画があるとのことです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ガニメデ

木星を公転する巨大な衛星ガニメデ。サイズは太陽系最大の衛星なのですが、氷に覆われた地下に水の層がある新たな証拠が発見されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ガニメデ_1

木星を公転する衛星で“ガリレオ衛星”の一つとして馴染み「ガニメデ」。最近、ハッブル宇宙望遠鏡の観測により海水と考えられる水が大量に存在する証拠が発見されたと発表されています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2004 BL86

先日、地球に最接近した小惑星について、観測の結果直径70mあまりの衛星を従えていたことが分かったとのことです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

冥王星とカロン

太陽系の一番外側を公転する『惑星』からただの『準惑星』となった冥王星。この冥王星には衛星「カロン」という天体が公転しているのですが、最新の研究によると衛星の内部で熱が発生したことがあり、厚い氷の下に液体の地底湖があったのではないかと予想しています。画像は冥王星とカロンの想像図続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ