ZAPZAP!

認知症

image_131

記憶が衰える認知症。具体的に何が原因となっているのかはよくわかっていないのですが、早ければ40代から発症することもあるという早発性認知症に関して アミノグリコシドという既存の抗生物質が有効であるという研究結果が伝えられています。続きを読む

image_46

ケーキやパン、スナック菓子からジャンクフードまで様々な製品に多く含まれているトランス脂肪酸。最近この成分が問題視しはじめその代表的な存在であるマーガリンではトランス脂肪酸が少ないなどとわざわざ表示するメーカーもあります。一方、米神経学会によるとこのトランス脂肪酸がアルツハイマー病をはじめとした認知症を誘発する可能性があるという研究を発表しています。続きを読む

image_52

認知症を発症する原因のうち6割がアルツハイマー病が原因になっていると言われている一方で、何が原因でアルツハイマー病を患うのか様々な説があるのですが、日本では成人の8割が感染しているという慢性歯周病の病原体『ポルフィロモナス・ジンジバリス』が関係しているという証拠を見つけたと報じられています。続きを読む

ヘルペスウイルス

人物や時間、ちょっと前に何をしたのかも忘れてしまうなどの記憶障害をもらたらすアルツハイマー病(アルツハイマー型認知症)。特に高齢者が患う病として様々な研究が行われているのですが、その原因の一つとしてヘルペスウイルスの感染が発症に関与している可能性があるという研究が報告されています。続きを読む

image_27

昨年10月、小学生の列にトラックが突っ込み死者1名を含む6人が死傷した交通死亡事故に関して運転してた88歳の男性が“認知症とみられる症状”があったとして横浜地検は不起訴処分としていたことが明らかになりました。続きを読む

↑このページのトップヘ