ZAPZAP!

超音速

image_93

私達一般人が乗り込むことができる高速な移動手段といえば旅客機です。しかし、その速度は極一部を除き亜音速の飛行速度で長距離移動には依然として長い時間がかかります。これに関してイギリス宇宙局は次世代の乗り物として極超音速で飛行するエンジンの開発を目指しています。ちなみにこのエンジンはスカイロンでお馴染みのセイバーエンジンです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_124

ここ最近、航空分野のトレンドどいえば超音速・極超音速というキーワードです。これは音速を超えた飛行速度で飛行することが可能な機体なのですが、先日Hermeusという企業がその機体を開発する資金調達を完了したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_90

大気圏内を音速移動する際に発生するのは衝撃波です。これは音速を突破したときに発生する圧力波のことを指すのですが、NASAは複数の機体が接近して飛行する際に発生する衝撃波がどのような互いにどのような影響を与えるのか世界初の研究を行ったと発表しています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_93

地上と宇宙を行き来できる夢のような乗り物スペースプレーン。従来のロケットとは異なるエンジンを登載した『スカイロン』という機体が開発されているのですが、そのエンジン『セイバー』をテストする施設が2020年の完成を目指し建設が進められています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_81

航空機が音速を突破するときに発生するのが爆発音のような衝撃波です。先日、アメリカでF-35Aが飛行した際に飛行速度は音速は突破していないにもかかわらず衝撃波による不思議な光の歪みが撮影されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_16

ここ数年、アメリカで研究が進められているのは音速を超える旅客機の開発です。一方、その研究を進めているNASAは音速突破時の衝撃波を低減させる機体とデザインの開発を進めているのですが、今年11月に従来機を用いた衝撃波に関する公開試験を実施すると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

EF-2000

今月22日、イタリア北西部で突如として爆発音のような音響が響き渡り学校などでは避難が実施されるなど出来事がありました。実はこの爆発音は同国の戦闘機『ユーロファイター』が発生させたもので当時、旅客機を追っかけるため音速飛行を実施していたといいます。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Boom Technology

私達が利用することができる最速の乗り物は旅客機です。飛行速度は900km/h程度なのですが、この旅客機について音速つまり時速1225kmを超える『超音速旅客機』の運行が将来予定されています。日本航空(JAL)は機体を開発しているBoom Technologyに出資し2020年代の導入を目指すと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_19

アメリカ航空宇宙局(NASA)は太陽光と特殊なカメラフィルターを使い、航空機が音速を突破時に発生した衝撃波の撮影に成功したとホームページ上で発表しています。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_26

ここ最近、謎の超音速ブームが起こっている航空業界。理由は不明なのですが、新たにイギリスのヴァージン・グルプが航空ベンチャーとして知られるBoom社と共同で小型超音速旅客機の開発を発表しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ