ZAPZAP!

超音速

Boom Technology

私達が利用することができる最速の乗り物は旅客機です。飛行速度は900km/h程度なのですが、この旅客機について音速つまり時速1225kmを超える『超音速旅客機』の運行が将来予定されています。日本航空(JAL)は機体を開発しているBoom Technologyに出資し2020年代の導入を目指すと報じられています。続きを読む

image_26

ここ最近、謎の超音速ブームが起こっている航空業界。理由は不明なのですが、新たにイギリスのヴァージン・グルプが航空ベンチャーとして知られるBoom社と共同で小型超音速旅客機の開発を発表しました。続きを読む

image_51

ここ最近注目を集めつつあるのは音速を超える速度で飛行する超音速旅客機です。NASAは懸念される音速突破時の衝撃波についてこれを最小限に抑えることができる機体デザインを開発するとのことです。続きを読む

image_11

エアバスがアメリカで特許を取得したのはマッハ4.5で飛行可能な極超音速旅客機です。ターボジェットエンジン、ロケットモーター、ラムジェットエンジンを搭載した機体でエアバスは旅客機以外でも軍事用にも使用できると話しているそうです。
続きを読む

image_9

物体が音速を超える時に発生する衝撃波。アメリカ航空宇宙局(NASA)はこの衝撃波の発生を予期できる新型コックピット用ディスプレイシステムの開発に大手航空電子機器メーカー『ロックウェル・コリンズ』と契約を結んだと発表しています。続きを読む

↑このページのトップヘ