ZAPZAP!

韓国

image_12

セウォル号沈没事故発生後に設立されたのはセウォル号惨事特別調査委員会です。文字通りの組織になるのですが最近この組織員が海外出張として多額の費用をかけていたことが明らかになり国内で批判する声が強まっていると報じられています。続きを読む

image_2

セミの鳴き声も聞こえ始め梅雨を開けたら暑い夏という季節を迎えつつありますが、そこで活躍するのが扇風機です。一方で扇風機が原因とする火災事故が相次いでおり韓国メディアによると関連する火災が5年間で800件を超えていると報じられています。続きを読む

image_6

韓国メディアによると先日、エンジントラブルにより出火した機体について一度客を降ろしたものの「別の機体を用意した」などと再びトラブルがあった同じ機体に乗客を載せたとして警察が出動する騒ぎになったと報じています。(写真は参考資料)続きを読む

image_24

本来その地域にはいなはずの外来種。世界中で生態系が破壊されていると報告されているのですが韓国メディアによると、2012年の段階で報告されていた外来種について当局は一切対策を行っていなかったとして批判する声が多く寄せられているとしています。(写真は参考資料)続きを読む

↑このページのトップヘ