ZAPZAP!

DARPA

グレムリン計画

空中で中型のドローンを展開し、それらドローンを輸送機で回収するという空中空母『グレムリン プログラム』。DARPAはこれらドローンを回収するなどの初期試験を既に実施していることが明らかになりました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_34

Amazonで注文した商品が自宅に届く宅配とは異なり人工衛星を打ち上げるロケットに関しては実際に打ち上げるまでには準備に最低でも数ヶ月を要します。一方、アメリカ国防総省の国防高等研究計画局(DARPA)はこの期間を大幅に短縮するべく、打ち上げまでの日数をわずか数日しか設けないという新たなロケット開発を行うとのことです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

グレムリン計画_1

アメリカで開発が進んでいるのは輸送機から無人機を発進させ回収するという航空母機です。一般的に空中空母と称されるこのグレムリン計画に関してアメリカ国防高等研究計画局(DARPA)は来年にも運用に向けた試験を実施すると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

XS-1

アメリカ国防高等研究計画局、DARPAが再利用可能型スペースプレーンとして開発計画を進めてきた『XS-1』という機体についてボーイングの開発計画が認められ数年以内に試作機を開発し飛行テストを実施すると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ALIAS

アメリカ国防高等研究計画局(DARPA)と共同で開発を続けているのは、旅客機のコックピットに配置されているスイッチ類をロボットアームで操作する飛行支援システムです。先日この技術を使用したシミュレーターでボーイング737型機の無人着陸に成功しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

SideArm

米国防高等研究計画局(DARPA)は、中型の無人航空機の射出及び回収を一台で行える『SideArm』を公開しました。この装置は陸上や海上、飛行中の航空機等での運用が想定されているとのことです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_45

一般的な旅客機であれば機長と副機長の2人が機体を操作しているのですが、この『副機長』をなんとロボット化するという飛行支援システムが開発されているそうです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_8

アメリカの国防高等研究計画局(DARPA)の計画により開発されているのは合計24基の動力を積んだ次世代垂直離着陸機(輸送機)です。先日、スケールモデルで開発された実験機について初飛行が実施されました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_22

最先端の主に軍事技術の試作・開発をしている米国防総省の国防高等研究計画局「DARPA」によると、人体の末梢神経を刺激するだけで学習能力が活性化されるという未知の効果を発見したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

LightningStrike

現在アメリカでは主に軍用ヘリコプターについて次世代垂直離着陸機の開発計画が勧められているのですが、この開発コンペに24基のプロペラを搭載した「LightningStrike」が有力候補となっているようです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ