ZAPZAP!

F-3

F-22

航空自衛隊が配備してしているF-2戦闘機の後継機F-3に関してロッキード・マーティンはF-22をベースにF-35の電子機器を搭載するというハイブリッド案が出されたなどと言われていますが、機体価格が1機あたり200億円を提示されたと国内メディアが報じています。
続きを読む

XF9-1

先日、IHI(旧、石川島播磨重工業株式会社)は将来日本が開発する戦闘機用のエンジンとしてプロトタイプの『XF9-1』を防衛装備庁に納品したと報じられました。これに関して具体的にどのようなエンジンなのか、他のエンジンと比較していこうと思います。続きを読む

F-22

2030年代の運用を目指し日本国内で研究が進められている次期戦闘機、所謂F-3に関してアメリカの大手軍需企業ロッキード・マーティンがステルス機であるF-22の機体にF-35の機器を搭載するという、F-22の派生型の開発案を打診しているなどと報じられています。続きを読む

↑このページのトップヘ