ZAPZAP!

F-35B

F-35SG

韓国でほぼ決定となった垂直・短距離離着陸機を運用する軽空母の保有に向けて、韓国軍はF-35Bの取得に向けた手続きに着手したことが確認されたと報じられてます。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

F-35SG

現在、運用されているステルス機としては最新鋭機となるF-35シリーズに関して、シンガポール軍は短距離・垂直離着陸機『F-35B』の導入に関してアメリカからの許可が得られたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

いずも型護衛艦

日本の複数メディアによると、防衛省は来年2020年度予算に関して前年比1.2%増の5兆3000億円を計上したと報じられています。ここには第二次世界大戦以降保有していなかった、水上艦に配備する固定翼機の取得などの費用が含まれているとのことです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

3ecc1520

日本の防衛省は昨年より導入に向けた研究や検討が報じられていたステルス戦闘機で垂直離着陸可能なF-35Bに関して42機導入することを正式に決定したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_10

昨年末、42機のF-35Bの導入が決定し日本で始めて固定翼の短距離離陸・垂直着陸が運用されることになったのですが、この機体に関してアメリカ国防総省の報告書で気になる数値が報告されていたと報じられ知恵ます。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

F-35B_8

アメリカ海兵隊が運用する垂直離着陸可能なステルス戦闘機F-35Bについて、先日沖縄県伊江島に建設された飛行甲板を模した『LHDデッキ』での離着陸が行われたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_15

今月中に纏められる「中期防衛力整備計画」で日本政府はアメリカで生産された短距離離陸・垂直着陸ができるF-35Bを42機導入する方針を明らかにしました。自衛隊に固定翼の短距離離陸・垂直着陸が導入されるのは初になります。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_3

今月末に纏められる防衛大綱に向けて、いずも型護衛艦2隻を改修しF-35Bを運用できる能力が追加されることに関して、F-35Bは常に登載はしないという運用が行われると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_78

国内の複数メディアによると、海上自衛隊最大の護衛艦であるいずも型護衛艦に関して垂直離着陸が可能なF-35Bを運用する艦艇へ改修する案については協議が継続中としているのですが、改修後は『多用途運用護衛艦』と呼ぶことに決定されたとしています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

護衛艦 かが 金沢港

国内の複数メディアによると来月末にも纏められる防衛計画の大綱に関して、F-35Bの導入はほぼ決定となり、それを運用する母艦としていずも型護衛艦を改修し空母(揚陸艦)にする方向で最終調整に履いていると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ