ZAPZAP!

ITS

image_15

アメリカの民間宇宙企業、スペースXの共同設立者およびCEOのイーロン・マスク氏は昨年発表した大規模な人類の火星移住計画について「(自分たちが)生きている間に実現可能だと思ってほしい」として、同社の今後の宇宙開発について将来の計画を改めて発表しました。続きを読む

火星

2020年代までに超大型宇宙船を打ち上げ火星に人類を移住させる計画を発表したスペースX。気になる旅費について、スペースXによると乗客一人あたり20万ドル、日本円でわずか2,300万円を計画していると報じられています。続きを読む

image_52

イーロン・マスク氏率いるスペースXが2020年代に実現可能だと主張しているのは人類の火星移住です。超大型ロケットを開発しこれを実施すると先月末に発表されたばかりなのですが、今回は火星でどのよなことを行う必要があるのか本人から語られました。続きを読む

image_59

先日、スペースXが火星移住計画として2024年に打ち上げるインタープラネタリー・トランスポート・システムを発表しました。一方、アメリカ航空宇宙局(NASA)は2030年代半ばに同じく火星有人着陸を計画しているのですが、ロケットを開発しているボーイングは「有人着陸は我々が先になるだとう」と主張しているとのことです。続きを読む

image_15

アメリカの民間宇宙開発ベンチャー、スペースXは今後の宇宙開発として2020年代に実施する大規模な人類火星移住計画を発表しました。運用される宇宙船には一度に100人が搭乗できるなど桁違いの規模となっています。続きを読む

↑このページのトップヘ