ZAPZAP!

NASA

image_111

NASAがスペースシャトルの後継機として開発を進めているオリオン宇宙船に関して、この宇宙船を打ち上げるロケット『スペース・ローンチ・システム(SLS)』の開発遅れを理由に民間企業により打ち上げが実施される可能性が報じられています。続きを読む

image_90

大気圏内を音速移動する際に発生するのは衝撃波です。これは音速を突破したときに発生する圧力波のことを指すのですが、NASAは複数の機体が接近して飛行する際に発生する衝撃波がどのような互いにどのような影響を与えるのか世界初の研究を行ったと発表しています。続きを読む

image_51

人類が地球以外の天体から土壌サンプルを持ち帰った例はアポロ計画や日本のはやぶさ(小惑星)、彗星の塵を回収した程度と数少ないのですが、アメリカが2020年代に実施を計画している火星土壌のサンプルリターン計画について「2020年代に送り返すのは難しい」という内容をNASAの研究者が発表しています。続きを読む

image_164

有人宇宙船を運用する上で必ず登載されるのは打ち上げ時に何らかの不具合が発生した場合、直ちに乗員を避難させる打ち上げ脱出システムです。これはNASAが開発しているオリオン宇宙船にも登載されているものなのですが、試験が5月中旬まで遅れる見通しが報じられています。続きを読む

image_38

アメリカの民間企業シエラ・ネヴァダ・コーポレーション (SNC)は国際宇宙ステーションに物資を輸送する貨物船ドリームチェイサーに関してNASAの承認を得たことで今後本格的な製造に入ると報じられています。続きを読む

image_95

アメリカ航空宇宙局(NASA)が送り込んだ火星探査機インサイトに関して、火星の風音を初めて送信することに成功したと発表しました。ただ、この音については観測装置を使用した振動音としており、私達が地球上て聞いているような風の音とは異なります。続きを読む

↑このページのトップヘ