ZAPZAP!

SLS

SLS_1

スペースシャトルの後継機として莫大な予算と長い研究・開発を終えようやく初号機が完成したなどと報じられているロケット『SLS』、スペース・ローンチ・システム。先日NASAの施設で第一段部分を意図的に加圧する耐圧試験が実施されたと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

SLS,SSME_1

2011年7月を最後に引退したスペースシャトル。このスペースシャトル用に開発されたエンジンがNASAが開発している新しいロケットSLS、スペース・ローンチ・システム初号機への搭載が完了したと発表されています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2f5a6c87

スペースシャトル引退後、有人打ち上げ能力を失い長らくロシアに依存するという状態に陥っているアメリカ。実質スペースシャトルの後継ロケットとして開発しているSLS、スペース・ローチン・システム関して初打ち上げがまたも延期される可能性があると報じられてます。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_111

NASAがスペースシャトルの後継機として開発を進めているオリオン宇宙船に関して、この宇宙船を打ち上げるロケット『スペース・ローンチ・システム(SLS)』の開発遅れを理由に民間企業により打ち上げが実施される可能性が報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

SLS

スペースXなど民間企業が開発したロケットが打ち上げられる時代になりましたが、一方でNASAは超大型のロケット『SLS』の開発を続けています。民間企業のロケットとは異なり既に莫大な税金が投入され運用後もコストパフォーマンスが非常に悪いロケットになるのですが、なぜ開発が続けているのでしょうか。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

RS-25

アメリカ航空宇宙局(NASA)によると、現地時間21日ミシシッピ州にあるロケットエンジン燃焼施設でNASAが運用を目指す次世代ロケットに搭載するエンジン『RS-25』の燃焼試験を実施しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

SLS

火星有人着陸に向け計画が進めているアメリカ。現在、NASAが運用しボーイングが開発しているロケット『スペース・ローンチ・システム(SLS)』と民間のスペースXのロケットがあるのですが、国内で繰り広げられる火星着陸レースについてボーイングがコメントしています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ