ZAPZAP!

SLS

SLS

スペースシャトルに替わる有人ロケットとして開発が進められている次世代ロケットSLS(スペース・ローンチ・システム)について、NASAは今年になり計画されていた初号機で有人打ち上げが計画されていたことについて従来通り無人打ち上げで行う方向で決定されたと報じられています。続きを読む

SLS

NASAが運用し最終的に火星まで人類を送る計画として開発されているロケット『スペース・ローンチ・システム(SLS)』及び有人宇宙船『オリオン』について、初の打ち上げミッションEM-1の実施を2019年以降に延期したと報じられています。続きを読む

image_59

先日、スペースXが火星移住計画として2024年に打ち上げるインタープラネタリー・トランスポート・システムを発表しました。一方、アメリカ航空宇宙局(NASA)は2030年代半ばに同じく火星有人着陸を計画しているのですが、ロケットを開発しているボーイングは「有人着陸は我々が先になるだとう」と主張しているとのことです。続きを読む

SLS_2

スペースシャトルに代わる次世代ロケットとしてNASAが運用する超重量物運搬ロケットSLS(スペース・ローンチ・システム)が開発されているのですが、このロケットに関して初めて運用コストが明らかになりました。続きを読む

↑このページのトップヘ