ZAPZAP!

X-37B

X-37B_1

アメリカ空軍が運用する小型無人スペースプレーン『X-37B』。過去、どのようなミッションが行っているのか明らかにされておらず注目を集めていた機体なのですが、この機体に関して6度目となる打ち上げを今月16日に実施すると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

OTV-5

2017年にスペースXにより打ち上げられたアメリカ空軍が運用する小型無人スペースプレーンX-37Bについて先日780日という長期間のミッションを終え地球に帰還したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image_32

アメリカ空軍が運用するX-37B。宇宙と地球を行き来することできる翼の付いた小型の無人スペースプレーンに関してオランダ人で人工衛星を追跡・撮影している民間人によりその姿を撮影することに成功したと報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

X-37B_1

昨年9月、アメリカのスペースXが運用するファルコン9ロケットで打ち上げが実施されたのはアメリカ空軍が運用するX-37Bです。小型の無人スペースプレーンでこれまでも長期に渡り宇宙に滞在していることが知られているのですが、今回のミッションも1年を超えるものとなりそうです。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

X-37B

長期間宇宙に滞在した後、翼の揚力で滑走路に着陸する米空軍が運用している無人スペースプレーンX-37B。この全長9m近い機体の打ち上げについて地球低軌道への打ち上げをスペースXにより実施すると報じられています。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

X-37B

これまで存在は確認されていたものの宇宙で何を行っているのか公になることはなかった米空軍保有のスペースプレーン「X-37B」について、初めて次回行う試験内容が発表されました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

X-37B_2

スペースシャトルを大幅に小型化したような形状をしているのはこちらのX-37Bという無人スペースプレーンです。米空軍が運用しているものなのですが、これまでで最長となる674日のミッションを終え帰還しました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ