寒冷麻疹_アレルギー_アナフィラキシーショック

冬になると温かいお風呂がなんとも気持ちよい季節ですが、一方アメリカではこのお風呂が原因で激しいアレルギー反応が体全身に発生し、死にかけた例があったと報じられています。

ScienceAlertによると、出来事あった詳しい日時は不明なのですが先月より前にアメリカ、コロラド州に暮らす34歳の男性だシャワーを浴びてお風呂から上がった時に倒れ家族に発見されたことで病院に運ばれる出来事があったと報じています。

Man Almost Dies From an Allergic Reaction to Cold Air After a Shower

記事によると、当時男性の皮膚は赤く蕁麻疹で覆われていたといい、到着した救急隊に対し家族が「これまでも寒さアレルギーを出したことがある」とはなしたとのこと。ただ、これまでは軽い反応だったらしくアナフィラキシーショック状態に陥ったことはなかったと話しました。

話を聞いた救急隊は直ちにエピネフリンを投与し酸素吸入を行い応急措置を実施。救急搬送された病院で肌を確認すると大量に発汗しており、全身には依然として蕁麻疹症状がでていたとのことです。

病院の医師のによると彼の症状から寒冷蕁麻疹と診断されました。このアレルギー反応は一般的に知られるカニやそばを食べたことによるアレルギー反応とは異なり 冷気や冷水などの低温に晒されただけで生じる皮膚のアレルギー反応です。(逆に温かものに接すると出るのは温熱蕁麻疹で、両方合わせて寒暖差蕁麻疹、寒暖差アレルギーなどと呼ばれることもある)


多くの人は寒さに晒されると後に赤くかゆみを伴う発疹(じんましん)が生じる程度です。しかし、稀により深刻なケースが出る場合があり、アナフィラキシー発症することで血圧が急降下し気道が狭くなり呼吸が困難になる危険な状態に陥ることがあります。

医師の話しとして寒冷蕁麻疹は通常、プールで泳ぐときなど全身の皮膚が寒さにさらされると発生するとのこと。男性の場合、シャワーを降りた後、全身が冷気にされされたことがトリガーとなったと説明しています。医師はこれを確かめるため角氷を皮膚に約5分間置く「氷テスト」を実施。男性の診断を確認したところ、確かに氷があった皮膚に膨らんだ赤い発症を目視。寒冷蕁麻疹と診断されました。

このような寒冷蕁麻疹からアナフィラキシーショックを起こす人の割合はヨーロッパで行われた研究では、0.05%の有病率とされており非常にレアなケースだといいます。
結果として男性は一命をとりとめ寒冷蕁麻疹で処方される抗ヒスタミン薬とステロイドで治療され状態が改善していったとしています。彼は病院を出る前に、冷水にさらされることや全身が寒さにさらされるような状況を避けるように助言を受けたといい、緊急時にアナフィラキシーを治療することができるエピネフリン自動注射器も合わせて処方されたとのことです。


寒冷蕁麻疹について調べたところ「寒冷蕁麻疹などの物理性蕁麻疹は、アレルギーと関係ありません」という内容を紹介しているところもあれば「何らかのアレルギー反応あるいは免疫反応の異常が関係している」と紹介されているところもあり詳しくはわかりませんでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加