アキロン(Aquilon) フランス海軍 事故機

世界中で日々飛び回っている様々な航空機。当然不慮の事故で墜落するケースも多々あるのですが、先日フランスで60年前に墜落した軍用機が初めて発見されたと報じられています。

フランス海軍の公式ツイッターによるとIfremerという同国の海洋研究チームと共同で行った調査で今月20日、1960年に墜落したフランス海軍の『アキロン』という艦上戦闘爆撃機を海底2400mの底で発見したと発表しました。

詳細は不明なのですが、フランス海軍によると事故は1960年6月13日に発生していたといい、「イギリスのHMSアークロイヤルに着艦」「イエール基地に戻る前に最後のカタパルト実施中に墜落した」という内容が記載されており、27歳のパイロットをのせた状態で沈んでいったとしています。
同機は現在遺産コードを割り振り海洋文化財による規定を与え保護しているとのこと。

Ifremerが運用している6000mまで潜水可能な無人潜水艇Victor6000によるり発見されたとのこと。

アキロン(Aquilon) フランス海軍 事故機_1


アキロン(Aquilon) フランス海軍 事故機_2

事故機となったアキロンは『デ・ハビランド DH.112 ベノム』というイギリスの航空機メーカー、デ・ハビランド社で開発されジェット戦闘機です。試作機は1949年9月に初飛行を行いスイスやイタリア、スウェーデンなどに輸出。その派生型として海軍の空母で運用するシーベノムを開発しイギリス以外にはオーストラリアとフランスにも輸出されました。フランスではシュド・エスト社でアキロン(Aquilon)の名称でライセンス生産されたものが配備されていました。

フランスでは1955年から1966年という僅か11年間しか配備されなかったという現代から考えると極端に短い運用期間となりました。理由としてフランス海軍では当時アキロンを空母で運用することができず1960年代始めまで対応できていなかったとのこと。理由は射出用の蒸気カタパルトが無かったことが理由としています。
このエントリーをはてなブックマークに追加