image_117

狩猟採集時代。野生動物を狩猟し木の実などを採集していたという時代が私達人類の祖先は非常に長く続いたのですが、実は男性の仕事とされていた狩猟に関して、実は多くの女性が狩猟つまりハンティングを行っていた可能性を示す墓が見つかったと報じられています。(画像は参考資料)

カリフォルニア大学の人類学助教授ランディ・ハース博士が率いる研究チームは、南米アンデス山脈で発掘された9000年前の女性ハンターの墓の研究結果を科学ジャーナル『Science Advances』に発表しました。

狩猟採集社会概ね今から1万年以上前(諸説あり)に終わりそれ以降は新石器時代と共に稲作や家畜を育てる農耕社会が訪れ現在に続く農業として継承されています。今回発見された墓は2018年にペルー南部標高4千m高山地帯Wilamaya Patjxa遺跡の発掘現場で見つかったもので、大型動物の狩猟に必要な狩猟ツールが一緒に埋葬された墓だったという点です。

▼女性の墓から見つかった狩猟ツール
狩猟採集 女性ハンター


これら副葬品を一緒に埋葬する理由についてはこれまでも生前に使っていたものを入れるという点から、この墓は『ハンターの墓』と特定され、骨格と歯の分析などを通じて17〜19歳の女性であることも推定されました。

この女性の骨からは合わせて肉を摂取していた痕跡を示す独特の同位元素も発見されており、この点からもハンターという主張を裏付ける証拠として提示されているとのこと。

女性の墓から見つかる副葬品

狩猟採集 女性ハンター_1

私達一般人が想像する狩猟採集時代といえば冒頭も紹介したように男性は狩り、女性は野山など安全なところで野草や木の実を採取していたというイメージがあります。これは歴史の教科書や資料などにも当たり前のように描かれている内容にになります。
当然研究チームも『若い女性ハンター』が当時の一般的な事例なのか、それとも通説通り特殊な事例であるのかを確認が行われました。その結果、約13万年前から8000年前のアメリカ地域全体の墓の発掘記録を分析し全107の地域で429件の墓の発掘が行われたことが分かり、このうち27件で大型動物の狩猟用具が一緒に出土したことが分かったとのこと。そして研究チームはこのうち11件が女性であるという点を確認しており、統計上女性ハンターが30〜50%に達すると推定しました。

この数値は私達が想像する数値よりもかなり高いと考えられるのですが、博士によると「古代の墓の考古学的発掘、および分析を通じて『ハンターは男』という古い仮説を覆した」とし、「今回の研究結果は性役割に応じた労働慣行と不平等をめぐる言説の見地から非常に時の適切なものになる」と主張しています。

記載内容は以上です。もちろん、副葬品があくまで本人が使っていたモノという前提から成り立っていることにはなるのですが、現代の寿命から比較するとわずか18歳で亡くなったこの女性が当時どのような振る舞いをしていたのかが想像することができる重要な発見の一つになったことは間違いありません。

参考:https://www.mk.co.kr/news/culture/view/2020/11/1135615/
このエントリーをはてなブックマークに追加