image_128

スマホの普及で災害や緊急ニュースなど即座に通知を受けるサービスが普及しつつありますが、一方韓国メディアによると今月25日から試験的に近所にいる性犯罪者をスマホに通知するサービスを実施すると発表したと報じています。この通知は現在、郵便により実施されています。

韓国メディアニュース1によると、これは韓国の国家行政機関である女性家族部が発表したもので、今年末までに試験運用期間内にメール通知やモバイル通知を並行して実施し、来年以降はスマホ等で通知内容を確認できない人、つまりスマホを持っていないような方には従来通り通知書を郵送する予定とのこと。

우리 동네 '성범죄자 신상정보' 이제 '카톡'으로 확인하세요

記事によると従来、性犯罪者の個人情報は19歳未満の児童・青少年の保護世帯の世帯主に対して郵便で通知を行っていました。しかし、この発送から受け取りまで平均して3〜5日かかり、発送の遅れや紛失、個人情報漏洩の懸念などの問題があったといいます。



そのため今回はから性犯罪者の転入や転出の関連情報をスマホでいつでも確認できるように通知制度を導入。ただし、移行までは児童・青少年保護機関は従来のように郵便による通知も出されるとしています。

今回の改正で性犯罪者の個人情報を望む通知は19歳未満の児童‧青少年保護で世帯かつ世帯主にのみ通知がいくというものでSNSに登録した後、本人認証の手続きを行う必要があるとしています。この登録では告知書はあくまで世帯主にのみ発信されるもので、家族が別途受け取りを希望する場合は別途申請しなければならないとのこと。


長官は「携帯電話の電子通知の導入により国民がいつでもどこでも性犯罪者の情報を確認することができる」「今後も性犯罪者の個人情報の公開と告知制度を継続的に改善し、家族が性犯罪から安全な環境で生きていくことができように努力する」と述べています。

日本の法務省によると韓国においては性犯罪の深刻化などから2008年9月1日に「特定性暴力犯罪者に対する位置追跡電子装置装着に関する法律」が施行され、犯罪者の再犯防止及び再社会化を目的としてGPS等を用いた位置追跡型の位置情報確認制度が導入されています。
このエントリーをはてなブックマークに追加