Sparrowhawk Small Unmanned Aircraft Systems

近年、更に需要が増している無人機。アメリカのゼネラル・アトミックスは展開し、空中で回収することもできるというスパローホークという小型無人航空機システムをテストしていると報じられています。

The Aviationistによると、アメリカのゼネラル・アトミックスが無人攻撃機MQ-9にスパローホークを搭載した状態で飛行するキャプティブキャリーテストが実施されていたと報じています。

Let's Talk About The First Captive Test Of First Air-Launched and Air-Retrievable Unmanned Aerial System - The Aviationist

スパローホークは巡航ミサイルを小型化したようなサイズになっているのですが、記事による空中で展開することができ、さらに機体を空中回収することができる兵器としてます。

Sparrowhawk Small Unmanned Aircraft Systems_1

この機体をどのような兵器になるのか。記事によるとゼネラル・アトミックスが開発した自社の航空機に適合していると記載されていることから同社が開発したMQ-1C、MQ-9 リーパー、またステルス無人機アヴェンジャーなど無人機で運用することを前提に開発されているものと考えられます。
つまりスパローホークは無人機から展開することができる無人機という世界初の兵器になります。

スパローホークについては電子戦、情報収集・警戒監視・偵察を可能とするとしており、同社は新のゲームチェンジャーになると説明しています

現時点でスパローホークがどのようなスペックをもっているのかについては明らかになっていないものの、従来の無人機が行える範囲を超えた偵察活動が実施することが可能となり大幅にその性能は拡張されることになります。
このエントリーをはてなブックマークに追加