F-35A-F-35B

高いステルス性能を誇るF-35。一方でステルス性能を捨てる形で大量の兵器を搭載することができる『ビーストモード』も行うことができる新しい時代のステルスマルチロールファイター機です。これに関して先日イタリア軍ではF-35AおよびBによる珍しいビーストモードによる飛行が行われたと報じられています。

The Aviationistによるとイタリア空軍の発表として今月27日、F-35AおよびF-35Bを用いた演習で双方がビーストモードという機内、機外に模擬弾を搭載した状態でおこなったと発表しています。

Italian Air Force F-35A and F-35B Fly In "Beast Mode" For The Very First Time - The Aviationist

通常の滑走路で使用するF-35Aには翼にGBU-12 LGB(レーザー誘導爆弾)を4発、機内の爆弾倉にそれぞれ2発のAIM-120アムラーム空対空ミサイルを搭載したとのこと。一方、強襲揚陸艦など艦艇で運用するF-35Bには4発のGBU-12 LGBが機外搭載されていました。イタリア空軍ではこのような爆弾を機外搭載するビーストモードによる飛行は初めて行われたと説明しています。

F-35A-F-35B3

F-35はステルス性能を優先するミッションでは『ステルスモード』、複数の目標に対する攻撃を行う場合は翼の下に爆弾等を搭載する非ステルス状態となる『ビーストモード』の両方の運用が行われます。

ビーストモードという表現に関して非公式の呼び方で、誰かが名付けたものになるのですがすでに広く用いられており、イタリア空軍のツイッターの投稿でも「ビーストモードと知られる構成だ」と説明しています。

F-35A-F-35B2

image_83

こちらがF-35Aにおけるステルスモード(左)、ビーストモード(右)における兵器搭載量の比較です。白は空対空ミッション向けの兵装、緑が空対空及び対地攻撃用の兵装になります。

このようにビーストモード時には中距離空対空ミサイルを14発、短距離空対空ミサイルを2発の合計で16発を搭載可能で、空対空及び対地攻撃の兵装では中距離空対空ミサイルを4発、短距離空対空を2発更に最大6発の900kg級爆弾を搭載することができるようになります。
このエントリーをはてなブックマークに追加