image_35

アロマなどリラクゼーションアイテムが多く販売されているものの今年に入ってからこのようなアロマ系の商品に対して低評価や低評価の内容を書き込むレビューが特に海外で増えているという指摘があるといいます。その理由に新型コロナウイルスに理由がある可能性が高い可能性があるそうです。

先月アーティストのTerri Nelsonさんがツイートしたのは「香り付きのキャンドルを販売するとあるメーカーのウェブサイトのあちこちに『キャンドルの香りがしない』と怒る女性がいます。」と述べ、彼女らはもしかしたら「最近熱があるんじゃないのか」という趣旨の内容を書き込みました。

The surprising way covid-19 may be affecting scented candle reviews - The Washington Post

この発言は大変な反響があったとのことですが、この人物は何を言いたかったのか。新型コロナウイルスに感染し発症すると味覚や嗅覚が著しく低下する場合があることが知られています。つまりこのウイルスに感染して嗅覚に異常がでた人が匂いがしないなどと低評価のレビューを繰り返している可能性があるというものです。

これは事実なのか、ハーバード大学の教授Kate Petrova氏はこの指摘を元に、新型コロナウイルスの流行と製品のレビューを調査したところ、Amazonで人気トップ3の香り付きキャンドルに寄せられたアメリカ国内のレビューが2020年に入ってから低評価が続出していたことが明らかになったとしています。
またイギリス国内でも同じような調査を進めたところ、アメリカほど確かな傾向は見られなかったものの、低評価が付けられている類似する傾向が一部で見られてたとしています。

これらレビューに関してアメリカのアマゾンについては「無臭」などの用語が含まれているかどうかを確認したところ、これらの用語を含む香りのキャンドルレビューの割合が1月から11月にかけて約2%から6%へとほぼ3倍に増えていたことが分かったとしています。

ただ、アメリカの大手キャンドルメーカー2社の代表者によるとアメリカ国内におけるパンデミックに合わせて顧客からの苦情の増加という傾向は無いとする説明しているとのことです。

今回のキャンドルと新型コロナの流行に関して当該データを公開した教授によると、「多くの人に興味を持ってくれたことは嬉しい」としながらも「あくまでデータを視覚化した単なる面白い内容であり、匂いと新型コロナを関連付けるような信頼のおける研究結果ではない」という趣旨の説明をしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加