image_61

韓国メディアによると、日本企業製で韓国でも非常に有名だという哺乳瓶洗浄を使用したところ黒っぽい異物が相次いで発見されたとし製品の交換や返品が行われていると報じられています。

韓国メディアYTNによると、謎の黒い物体が出てくるのはこの哺乳瓶洗浄の製造元であるホームページから直接購入した製品だといい、実際に被害にあった家族の話しとして今年産まれて生後6ヶ月の赤ちゃんに毎日使用していた哺乳瓶洗浄で見つかったとのこと。

また他の家族の話しとして「未開封の新製品でも肉眼で見たときホコリか鉄粉かよくわからない異物が中に入っていた。生後150日の赤ちゃんのものに使うものなのに…」と被害を訴えていました。

記事によると韓国のオンラインコミュニティには同様の内容が最近記載され始めていたといい、少なくとも黒っぽい鉄粉のようなものが浮かんでいるという内容が数十件書き込まれていたとのこと。



当該製品に関しては韓国でも多く使われ『国民哺乳瓶』などとも呼ばれているという日本企業の哺乳瓶洗浄剤だとしており動画を見る限りでもロゴなどが確認でき間違いはないと考えられます。

今回の問題を受けて販売を行っている業者も事実確認を行っており取材に対しては今回の出来事について顧客に対して謝罪を行ったとしており、黒い物体については正体は明らかになっておらず調査中だとしています。また問題が確認された製品は2020年5月8日から10月16日までに生産された製品としています。

この問題については日本国内で販売されている製品に関しては特に問題はないと考えられ、少なくとも同社のホームページにはそのような記載もありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加