スターライナー

ボーイングが国際宇宙ステーションなど主に地球低軌道への人員輸送のためNASAとの契約し開発を続けている宇宙船『スターライナー』。これに関して2回目の無人飛行を2021年3月に行う予定を発表しています。

アメリカの有人宇宙開発として、現在特に運用が困難な月や火星など遠くまで人を送るミッションはNASAが、一方で国際宇宙ステーションなど地球低軌道への人の打ち上げは民間企業に委託するとして現在進めています。その企業は先日野口宇宙飛行士らを打ち上げたスペースXとボーイングです。

現在ボーイングの宇宙船は開発段階にあり現時点で人を乗せた飛行は行われていません。また初号機の打ち上げ無人打ち上げでは宇宙船を失いかけるという失敗に終わり国際宇宙ステーションにすらたどり着くことはできませんでした。

NASA and Boeing Target New Launch Date for Next Starliner Flight Test | NASA

12月10日、NASAの発表によると今後スターライナーが行う2回目となる無人飛行に関してはOFT-2(Orbital Flight Test-2)とし2021年3月29日に予定されていることを発表しました。OFT-2については元々今年12月にも実施される予定だったものの、昨今の情勢もあるのかは定かではないものの現時点では3~4ヶ月遅れた来年に延期となりました。


その後の予定に関してはOFT-2の評価次第ではNASAは有人飛行にゴーサインを出すとしており、3名の宇宙飛行士を乗せた有人による試験打ち上げが実施されます。有人試験の時期については定まっておらず2021年夏頃との表現にとどまっており遅くても来年後半頃に何らかの動きがあるものと考えられます。したがって、その後の宇宙飛行士を乗せた実運用レベルの打ち上げについては早くても2022年頃になると考えらます。これはアメリカの宇宙開発に深く携わってきた航空宇宙大手のボーイングが新興企業のスペースXよりも1年以上も開発が遅れるということになります。

前回問題の打ち上げとなったスターライナー初の打ち上げ試験に関しては打ち上げ後に機内のタイマーがリセットされ位置の把握が正しく行えなくなったこと、そして宇宙船の姿勢を制御する重要なスラスターが相次いで故障するなど明らかな欠陥を抱えていたことが明らかになりました。

アメリカは現在、NASA(ロッキード・マーティン製)のオリオン宇宙船、スペースXのクルードラゴン、そしてボーイングのスターライナーと3つの宇宙船を同時に運用する予定であり宇宙へのアクセスはこれまで以上に柔軟になることが予想されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加