インド 金

世界一金が好きな国とも言われるインド。インド政府はヒンズー教の賢者が見たという夢に従いなんと発掘調査を行うと報じられています。

ヨガ行者でヒンズー教の賢者というスワミ・ショーバン・サーカー氏は最近、19世紀の支配者が所有していた金の夢を見たと主張しているといいます。これを信じたいのはインド政府。インド考古調査局は、北部ウッタル・プラデーシュ州の村に考古学者のチームを派遣し、今月16日から発掘作業を開始したとのことです。

サーカー氏によると、その「秘宝」を掘り起こすよう「お告げ」を受けたとし、見つかったら経済危機からの回復のため政府に使って欲しいと話しているとのことです。ちなみに、夢でみたという金は1000トンもの量があるとし、総額は約4.3兆円相当します。

インドの金好きは知られていますが、最近は金価格の高騰で13年3月末までの1年間の金の輸入額は約5.4兆円。この金の輸入で経常赤字の拡大を招いています。

このニュースについてネットではこのようなコメントが寄せられていました。
  • インディージョーンズ魔宮の伝説的な光景想像した 
  • お告げで動いちゃうってさすがインド
  • 民主党が言っていた90兆円の埋蔵金よりはずっと信憑性があるな
  • お告げとやらで動くわけが無い、なんか確証でもあるんじゃないの
  • 糸井重里の徳川埋蔵金って結局どうなったの?

参考:Reuters
このエントリーをはてなブックマークに追加