チェリャビンスク隕石

2013年2月、ロシアチェリャビンスク付近を通過し湖に落下した隕石。実は先日、この隕石の回収に成功と発表がありました。

2013年2月15日、ロシアウラル連邦管区のチェリャビンスク州上空で爆発したのはチェリャビンスク隕石です。この隕石の落下により、実に1491人が負傷し4474棟の建物でガラスが割れるなど被害をもたらしました。当時言われていたように、隕石による直接の被害は非常に珍しく、記録に残っている範囲で、隕石による大規模な人的被害として初のケースになりました。

中国メディア国际在线によると、この時湖に落下した隕石の一部は2013年10月16日、湖から引き揚げられたとのことです。重さは約570kgでチェリャビンスク隕石の中では最も大きい破片と考えられています。



チェリャビンスク隕石_1

チェリャビンスク隕石_2

チェリャビンスク隕石_3

チェリャビンスク隕石_4

チェリャビンスク隕石



2013年2月15日、現地時間9時15分(協定世界時3時15分・日本時間12時15分)、強い閃光を放ち、煙の尾を曵きながら落下する火球がチェリャビンスク州などウラル山脈中南部一帯で観測されまいした。火球はその後9時20分26秒に、(ロシア科学アカデミー解析によると)上空15kmから50kmで爆発し、複数の破片に分裂して落下しました。

チェリャビンスク隕石_5
▲チェリャビンスク隕石(推定)と人間のサイズ比較

一方、NASAの解析によると、爆発した高度は15kmから25kmだったとしています。また、大気圏突入前の小惑星の大きさは直径17m、質量1万トン、大気圏突入前の地球に対する相対速度は秒速18km(マッハ53)、衝突角度は20度未満としています。地上に落下した破片があることから組成は鉄隕石に近い、鉄などの硬い物質で構成されていると考えられています。

この隕石の爆発的な分裂により発生したエネルギーは、NASAによりTNT換算では約500キロトンと見積もられています。これは約2100兆J (2.1PJ) で、広島型原爆の30倍以上になります。(Wikipedia)
このエントリーをはてなブックマークに追加