ネコが見る世界

動物や虫は人間が見ている世界とはちょっと違うといいますよね。今回紹介するのはペットとしても身近な動物、ネコが見ている世界です。

これはアーティストのニコライ・ラム氏が獣医や眼科医からの情報を元にネコの目の仕組みを考慮し作成したネコがみた光景を擬似的に作り出したものです。いったいネコはどのような世界で私達を見ているのか紹介していきます。

ネコの色覚

人間には鮮やかな光景に見えてもネコはそうではありません。人間は一般的に赤・緑・青の三種類の錐体をもつ3色型色覚なのですが、ネコや犬・ウマなどは2色覚とされ、人間でいう先天赤緑色覚異常の状態に見えているとされています。

 ネコの視野

ネコの視野2

ネコは人間と比べ広い視野を持っています。人間は180度とされる一方、ネコは約200度。また周辺視野も30度と人間の20度と比べ広くなっています。

ネコの視力

人間は30~60m離れた物体を見分けることができるものの、ネコは約6m以上離れると見分けがつかなくなります。

夜の視界

夜の視界2

一方ネコが人間よりも優れているとされているのは暗所での見え方です。人間の網膜の中心部には、色を区別し細部を見分ける錐体細胞があるものの、ネコとイヌには、代わりに桿体細胞が多いとことが分かっています。そのため、暗所でよく見えるとされています。

参考:WIRED.jp
このエントリーをはてなブックマークに追加