ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡_1

デカければデカいほど性能がいいのは望遠鏡も同じ!NASAは2018年に打ち上げを予定している次世代宇宙望遠鏡こと、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)の開発現場や高解像度写真を公開しています。

カセグレン式という反射望遠鏡を搭載した巨大な人工衛星。これは2018年以降の打ち上げを目指して開発が進められているジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(以下、JWST)です。同宇宙望遠鏡最大の特徴は見ても分かる巨大な反射望遠鏡です。

ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡_2

鏡の口径は6.5メートル。このサイズはハッブル宇宙望遠鏡に搭載されている鏡の2.5倍の大きさがあります。JWSTの鏡の素材はベリリウムから作られており、ハニカム型に18枚から構成されています。1枚あたりの重量は20kgと比較的軽く、左右に分かれた鏡が宇宙空間でそれぞれ展開します。鏡の微調整として波面センサーとう装置を使用し正確に位置が補正されるとのことです。



JWSTの主な任務は宇宙背景放射を調査し宇宙の始まりの状態を観測することです。JWSTにはこれを観測するべく、高精度の赤外線センサー及び分光器が取り付けられています。



JWSTの設計寿命は5年(目標として10年間の運用を行う)となっており、これまでにない大口径の宇宙望遠鏡で新たな宇宙の姿を探ろうとしています。






Photo:NASA(James Webb Space Telescope)
このエントリーをはてなブックマークに追加