句容河の水質汚染_1

「有毒汚染で魚が大量に死亡した。魚を食べると身体に害を及ぼす」と、なんとなく分かるこちらの張り紙。しかし、地元の住民は魚を捕まえ、あろうことか市場で売りさばく輩が出現していると報じられています。

中国江蘇省南京市郊外で14日、化学工場の排水が原因とみらる水質汚染が発生し、川の水は黒く変色し刺激臭が立ち込めるという事故が発生しました。工場から約10km下流までこの汚染は広がったのですが、なんとそこに近隣住民が駆けつけ、浮き上がった魚を捕まえ売りさばく輩が出現したと報じています。

中国新聞社によるとこの魚は養殖ではなく天然モノ。大半は死亡していたものの、生きていた魚は中毒症にかかったのか明らかに異常な動き方だったといいます。

句容河の水質汚染_2

近隣住民らは、なんとこの魚を捕獲。なかには50mはあると思われる巨大な網を仕掛ける者も現れ、1人で350kgの魚を捕まえた住民もいるとのことです。

行政側の発表によると汚水を垂れ流した化学工場は2006年に操業した比較的新しい工場。しかし、近隣住民から川が汚染されていると通報があり、2013年に改善命令。その後苦情は来なくなったといいます。しかし、行政側の未確認な排水口が設けられ今回排出された疑いがあり環境汚染の刑事事件とし捜査を始めたとのことです。

行政側は近隣住民に「魚を捕って食べたり売ったりしないでください、健康被害がでる可能性があります」と張り紙を出し注意を促しているとのことです。

句容河の水質汚染_3

句容河の水質汚染_4

参考:ライブドアニュース,Photo:新華網
このエントリーをはてなブックマークに追加