遼寧

最近、海軍力を著しく増強させている中国ですが、今後4隻以上の空母を建造を目指すという目標があることが中国メディアにより報じられています。写真は中国が改装した空母「遼寧号」

香港紙・大公報電子版によると、遼寧省瀋陽市で行われた第12期人民代表大会第2回会議に遼寧省委書記と大連代表団が出席し、大連造船厰にて新規空母の建造について正式に認めたとしています。また中国の方針として今後4隻以上の空母を建造し保有することが決定したと発言しています。

現在、中国では旧ソ連製で海上カジノとして購入した空母「ワリャーグ」を改装、「遼寧(りょうねい)」となり1隻の空母が存在します。この空母で艦載機の離着艦訓練を初め様々な試験が確認されています。

また、上海市のドックでは既に空母と思われる艦艇の建造が報告されており、今回の会合での発言とは別の空母であることから今後10年以内に少なくとも2隻以上の空母が建造されることが予想されます。大連の新規空母建造については工期は6年とされているそうです。 

▼今年撮影された空母(上海)
上海空母_1

上海空母_2

ちなみに、今回この報道を行った元である大公報の記事は現在削除されており、引用された他のニュースサイト記事も次々と削除されているとのことです。

参考:Record China 
このエントリーをはてなブックマークに追加