J-31_1

2012年にその存在が明らかになった中国版ステルス機、J-31。約1ヶ月ぶりに試験飛行が再開され、軍事マニアによりその姿が撮影されました。

4月10日、約1ヶ月ぶりに試験飛行を再開したのは中国瀋陽飛機製造公司が開発を進めているJ-31 鶻鷲と呼ばれる第五世代ステルス戦闘機(とされている)です。

飛行を行ったのは31001号機で2012年10月31日午前10時に初飛行を行ったモデルと同じになります。J-31については現在この31001号機のみ確認されており、飛行が行われいなかった1ヶ月前との、特別な形状の変化などは確認されなかったとのことです。

J-31_2

J-31_3

J-31_4

J-31は将来的に空母で運用する艦載機であるといわれています。機体サイズは明らかになっていないものの全幅10.70m,全長15.47m、全高4.57mで、J-31の胴体はF-35より細いため機体内部へ搭載できる兵装の搭載量はアメリカのステルス機F-35に劣ると考えられています。

Photo:中華網,参考:Wikipedia 
このエントリーをはてなブックマークに追加