海水浴場とゴミ_0

青い海に色とりどりの砂浜。もちろん『色とりどり』なのは水着ではなくゴミです。中国の海水浴場で先日、大量のゴミの中、海水浴を楽しむ人々が撮影され話題になっていました。

2014年6月3日、中国広東省深セン市のビーチには連休中多くの人が訪れたが、その影響でビーチには大量のごみが散乱していた。テンセント(QQ)が伝えた。 

中国は5月31日~6月2日まで端午節と児童節(こどもの日)の連休で、深センのビーチには先月30日と今月1~2日の3日間で約48万人が訪れ、海水浴を楽しんだ。

Record China 
中国人と散らかったゴミの写真。イギリスDaiyMailによると、このビーチは大梅沙ビーチパークで、端午節と児童節の連休に行なわれた「ドラゴンボート祭り」に延べ48万人が訪れたそうです。しかし、連休が終わった後ゴミが片付けられることがなく散乱した状態で海水浴を楽しむ中国人の姿があったとしています。

ビーチは16万平方メートルという規模で、捨てられたゴミは推定362トン。プラスチックの容器から漁で使ったと思われる浮きまで、無いものは無いゴミの百貨店状態にも目もくれず、むしろゴミを置いていくという始末。

中国ではここ最近、日本に訪れた中国人の感想として「日本はゴミが無い国だった」「マナーの良い国だった」云々というものがメディアに取り上げられ記事が多く投稿されています。もちろんこれらは、中国国民の意識改善を意図したものであると思われるのですが、残念ながら効果は薄いようです。

海水浴場とゴミ

海水浴場とゴミ_1

海水浴場とゴミ_2

海水浴場とゴミ_3

海水浴場とゴミ_4

海水浴場とゴミ_5

海水浴場とゴミ_6

Photo:东京华人网
このエントリーをはてなブックマークに追加