太陽光発電

2013年における世界の発電容量について風力、水力、太陽光発電など再生可能エネルギーが全体の22%を占めていることが明らかになりました。また新規設置発電容量は再生可能エネルギーが56%になったとしています。

REN21(Renewable Energy Policy Network for 21st Century:21世紀のための自然エネルギー政策ネットワーク、本部:フランス・パリ)は6月はじめ、2013年における再生可能エネルギーの成長を記録した報告書「Renewables 2014」を公開した(日本語PDFはこちら)。
 
2013年末、再生可能エネルギーは世界の発電の22%を占め、風力と太陽光の合計が占める割合は3.6%に達した。

WIRED.jp
引用先によると、2013年に新しく設置された世界の発電所について再生可能エネルギーの発電容量が半分以上になり、この量は前年比では8%も上昇したといいます。増えた8%の内訳については水力が最も多く、次に太陽光、風力と続き2013年に初めて太陽光が風力発電を上回ったそうです。

太陽光発電の投資額は2013年に22%減少したにもかかわらず新規導入量が27%増えたとしており、これは単純にソーラーパネルの価格が大幅に下がり安価で多くの発電量を得るようになったためだとされています。

太陽光発電設備容量
▲太陽光発電設備容量

国別の太陽光発電設置容量としてはドイツの約35ギガワットと他国よりも頭一つ出ており、次に中国(約19GW)、イタリア(約18GW)、日本(13GW) となりました。注目するのは2013年だけの太陽光発電設備容量。中国だけが二桁の約12GW増えており次に日本の約7GW、アメリカ約5GWとなりました。

風力発電設備容量については国土が関係してくるのか中国(約90GW)、アメリカ(約60GW)、ドイツの順となり日本は10位以下のランク外。中国における2013年だけの風力発電設備容量の増加量は16GWと他国を大きく引き離す数値となっています。 
このエントリーをはてなブックマークに追加