早老症

年齢の数倍ほど早く全身が老化してしまうという難病を患っているベルギーのミヒル君。テレビ等でご存じの方も多いと思いますが、以前出版した自著でお涙頂戴の内容に仕上げる日本取材班の酷さを訴えていたといいます。

 「ぼくは世界中のドキュメンタリー番組で人生を語ってきた。ベルギー国内5回、フランス2回、ドイツ2回、イギリス1回、そして日本2回。たいがい楽しくやったけど、日本の取材班にだけはほとほと困らされた」。世界でも希な難病を患うベルギー人少年ミヒル君(15才)は、昨年出版した自著の中で、日本からの取材班がいかに虚構を描こうとするか、静かな怒りを込めて書き綴っている。

取材された難病少年も静かな怒り、日本の海外ロケの無茶 - Global Press - 朝日新聞社(WEBRONZA)
引用先によると、自著には2009年に日本からテレビ取材を受けた時のことが詳しく書かれているといいます。実は2009年は早老症の平均的な寿命とされる13歳を迎えようという時期で、ミヒル君の夢を語らせたり祖父の墓まで連れて行き、“涙を流す映像を撮ろうと必死だった”とする内容が書かれているとのことです。
結局この取材はミヒル君の父親が怒りが爆発したことによりそこで取材が終わったとしています。

その上でミヒル君は「ぼくは世界中のドキュメンタリー番組で人生を語ってきた。ベルギー国内5回、フランス2回、ドイツ2回、イギリス1回、そして日本2回。たいがい楽しくやったけど、日本の取材班にだけはほとほと困らされた」と日本取材班の異常さを訴えているといいます。

以下はこの記事に寄せられたネット上のコメント
・マラソン頼まれなかったのか?
・クズ過ぎるだろ。どこの局だよ
・そういえば地震の時も被災者を悲劇のヒロインみたいに撮ろうと必死だったな
・日本のテレビ番組は安い涙の需要と供給で成り立ってる
・涙流してる顔をアップで撮るのはマジやめろ 
・ああ、また24時間TVみたいな偽善番組が来てしまう季節
・どこの局、どこの制作会社なんだクソッタレ

日本のテレビ取材班については国内でも「取材を受けたものの、訴えたい内容が編集され別の意味になっていた」などと耳にすることはよくあります。寄せられたコメントでもマスコミ各社のテレビ番組や報道のあり方を問題視するコメントが多く寄せられており、マスコミを支持する人は皆無という状態になっていました。

ちなみに、ミヒル君が問題としていた2009年の取材はテレビ東京の番組であるとネット上で指摘されています。
輝く命V 衝撃の運命と家族の愛 :テレビ東京 
このエントリーをはてなブックマークに追加