第一次世界大戦と現在

第一次世界大戦の勃発から今月で100年を迎えましたが、今回は当時撮影された写真と現在の同じ位置で撮影し合成したという写真を幾つか紹介していきます。

第一次世界大戦と現在_1

第一次世界大戦
第一次世界大戦は、1914年から1918年にかけて戦われた人類史上最初の世界大戦である。

当時のヨーロッパ列強は複雑な同盟・対立関係の中にあった。列強の参謀本部は敵国の侵略に備え、総動員を含む戦争計画を立案していた。1914年6月、オーストリア=ハンガリー帝国の皇位継承者フランツ・フェルディナント大公夫妻が銃撃されるというサラエボ事件を契機に、各国の軍部は総動員を発令した。各国政府および君主は開戦を避けるため力を尽くしたが、戦争計画の連鎖的発動を止めることができず、瞬く間に世界大戦へと発展したとされる。

第一次世界大戦と現在_2

第一次世界大戦と現在_3

第一次世界大戦と現在_4

第一次世界大戦と現在_5

第一次世界大戦と現在_6

 第一次世界大戦と現在_7

第一次世界大戦と現在_8
1915年、インド兵

第一次世界大戦と現在_9
1915年ドイツの航空機を調査するイギリス兵

19世紀後半以降、歩兵は射程距離の長いライフル銃を装備するようになった。これにより弾幕射撃の威力と精度が増し、ナポレオン戦争の時代まで勝敗を決する地位を占めてきた騎兵突撃が無力化された。一方で、第一次世界大戦において初めて本格的に投入された飛行機、戦車などの兵器は、性能や数量がいまだ不十分であり、戦場において決定的な役割を果たすまでには至らなかった。第一次世界大戦における戦場の主役は、攻撃においても防御においても歩兵だった。(参考)

第一次世界大戦と現在_10
オーストラリアの兵士(ロンドン)

第一次世界大戦と現在_11

第一次世界大戦と現在_12

第一次世界大戦と現在_13
1918年11月9日、ロンドンのオールドウィッチ付近、王立裁判所前を行進するセルビア兵

第一次世界大戦と現在_14
1914年、ドイツ人捕虜がサウスエンド桟橋に行進している様子

第一次世界大戦と現在_15
1917年11月のイングランド銀行前。戦車はマーク IV 戦車。

Photo:Peter Macdiarmid 
このエントリーをはてなブックマークに追加