LDSD_3

NASAが今年6月、ハワイ沖で行われた「低密度超音速減速機」(Low Density Supersonic Decelerator:LDSD)の試験映像が公開されました。

2014年6月、ハワイ州カウアイ島にある米海軍施設から気球により低密度超音速減速機(LDSD)が上げられました。LDSDとは大気が薄く通常の耐熱シールドで十分な減速が行えないような火星での使用を目的としたもので、耐熱シールドの周りに浮き輪のようなものを膨らませ空気抵抗を増やし減速させるというものです。



上空約35kmまで上昇した気球とLDSDはその後切り離されエンジンに点火。上空54kmまで上昇したところで浮き輪のような超音速膨張式空力減速機(SIAD-R)を動作させ減速開始。こちらも問題なく作動したのですが超音速パラシュートを展開したときに問題が発生しました。
なんとパラシュートがズタズタに引き裂かれLDSDはそのまま海上に落下してしまいました。

LDSD

このような特殊なシステムを開発している理由は冒頭も書いたように大気の薄い火星で十分な減速を行う為です。これまで火星に送り込まれた最大の物はマーズ・サイエンス・ラボラトリーことキュリオシティで、本体だけの重量が約1トン。使われた耐熱シールドはこれまでで最大の4.5mでした。
一方、今回のLDSDではSIAD-R展開後の直径は6mになり、さらに大重量の探査機等を火星に送り込むことが可能となります。

LDSDの試験は来年も行なわれるそうです。

当サイトの情報を元にYouTube動画を作る行為は禁止しています。