ピューマ

山歩きで発生する危険な出来事として野生動物と遭遇するというものがあります。人間の生活圏に近い山でも大型で人を襲う種が存在するのですが、アメリカではこの手の野生動物を歌で撃退した女性が現れました。

 米メディアによると、猛獣を退けた歌声の持ち主はコロラド州に住むキーラ・コペストンスキーさん。今月4日、同州ダウンバレー公園にあるハイキングコースのメーンルートから10分ほど離れた山中の小道を歩いていた。

 小枝が踏み折られる音に目を向けると、視界の隅に茶色の動物が。振り返ると、体長75~90センチほどの1頭のピューマが3~4・5メートル離れたところにいた。コペストンスキーさんはそのまま歩き続けて離れようとしたが、ピューマは約30分にわたり後をつけてきた。

SANSPO.COM
コペストンスキーさんがハイキング中、遭遇してしまったのは北アメリカ大陸の広域に生息するネコ科の肉食性哺乳類ピューマです。特に北アメリカではピューマは個体数が減少しており、遭遇すること自体レアなのですが望んでもいない凶暴な肉食動物にどのように対応したのでしょうか。

ピューマは実に30分に渡り後をついてきたといい、命の危機を感じたコペストンスキーさんがとっさに大声でオペラを歌ったところ、ピューマはうずくまり森に消えていったといいます。



日本には存在しない大型のネコ科動物に歌うという選択は有効なのか、これについては引用先によると静岡市立日本平動物園のピューマ飼育員の話として「声や音を出せば逃げていくともいえず、逆にピューマが脅威を感じて攻撃してくることもある。これといった対処法はない」としています。
一方、コロラド州ダウンバレー公園の保安官事務所は今回の対応に「不測の事態の対処法をよく学んでいる」と評価しており、コペストンスキーさん本人はピューマが“獲物”に対する興味を失ったので去っていったと信じているとのことです。

これから涼しくなり紅葉の季節になると山に行かれる方も多いと思いますが、人間の脅威となる野生動物には注意したいところです。
このエントリーをはてなブックマークに追加