マクドナルド

中国のマクドナルドでハンバーガーを注文後、水を求めたところ店員と口論になり暴行を受ける出来事がったと報じられています。

中国国営新華網によると先月8月31日、中国西安市のマクドナルドで客が店員を暴行する出来があったと報じています。

中国のマクドナルド、飲料水を頼んだ男性が店員に殴打される-新華網 | 新華ニュース

新華ニュースによると問題のマクドナルドは西安市西安友誼路にある店で31日12時半に友人と共にマクドナルドで昼食を取ろう約束していたといいます。しかし、来るのが遅れると連絡が入り先にハンバーガーを注文。その後水を1杯欲しいと頼んだところ、「飲料水は商品で無料では提供できない」と言われたそうです。しかし、「飲料水は値段がついていないのだから商品ではない」などと反論したところ店員と口論に発展しました。

他の店員が止に入り終わったのですが悲劇が待っていました。ハンバーガーを食べ終わり、友人の分のハンバーガーを手に店を出たところ、ある人物がいきなり殴りかかってきました。
殴りかかってきたのは私服に着替えた口論相手の店員で店内に戻り被害を訴えたところ、店の責任者は「(暴行した者が)店の店員だとどうやって確認したか」などと口にするばかりで聞き入れてはもらえなかったと述べています。

マクドナルド暴行

中国経済日報によると、この店に取材したところ男性に暴行をくわえたのは店員であることが確認されたとしており、その後警察に通報したとしています。西安マクドナルド広報によると責任は店側にあるとし、男性に謝罪と治療費を支払うことを約束したとしています。

ちなみに、日本のマクドナルドでは水を注文することができるそうで、価格も無料となっています。

Photo by chai5.jp
このエントリーをはてなブックマークに追加