コウモリ

全く光が入らない暗闇の洞窟であっても飛行することができるコウモリ。最新の研究によると、コウモリはまるでカーナビのように周囲(空間)マップをリアルタイムに作成し障害物を避けていることが明らかになりました。

夜、窓の外を見ると月明かりの中でコウモリたちが飛んでいる姿を目にすることがあるのですが、いったい彼らはどのようにして目が効かない闇の中を飛行しているのでしょうか。

ミュンヘン工科大学の研究チームによる最新のコウモリ研究によると、コウモリたちは人間が使う3次元空間を測定する装置のような空間マップを作成し自分の飛行位置や障害物の位置を動的に作っていることが分かったとしています。

コウモリが暗闇で安全に飛行を行うためのメカニズムの解明、ミュンヘン工科大学 - Technobahn

研究チームによると、コウモリは飛行中に障害物に接近すると脳の活性化したニューロンの数が増加していることが分かったといいます。これは障害物を空間マップ内でより大きく認識するための反応であり、衝突を回避することが出来るとしています。

研究者の話としてコウモリ達が作っている空間マップとはカーナビと非常に似ているとしています。コウモリは自分を中心に周囲の状況を把握できるとし、カーナビと異なる点があれば「衝突回避の警告を神経信号を強化するという方法で行っているくらいだ」と話しています。

コウモリ(特に小型の種)は反響定位という超音波の反響を受け止め空間を認識しエサを取っていると考えられています。反響定位を行っている動物としては夜行性の鳥、もぐら、クジラ、イルカ等が知られており、クジラやイルカはさらに他の種とコミュニケーションため反響定位を利用していると言われています。
人間にも反響定位の能力があるとされ、視覚障がい者の中には杖を叩く音や自ら音を発し反響定位を行っている方がいるとのことです。
このエントリーをはてなブックマークに追加