通信衛星

宇宙空間を飛び交う人工衛星は通信衛星から探査望遠鏡まで様々あるのですが、来年初めてオール電化された衛星が打ち上げられるそうです。 

来年打ち上げが予定されているのはEutelsat社が運用するありふれた通信衛星です。しかし、この衛星は内部の電源は当然ながら動力にいたるまで全て電化されたAll-Electric型衛星となりました。

人工衛星はボーイング社が開発したBoeing 702SPという規格で作られたもので名前は「Eutelsat 115 West B」。アラスカとカナダの僻地を対象に携帯電話やインターネットなど通信を中継するために開発されました。

Photo of the EUTELSAT 115 West B satellite following successful pairing with its co-passenger satellite!

Eutelsat 115 West Bの最大の特徴はやはりオール電化というところにあり、ソーラーパネルで得た電力を推進力に変えるキセノンイオンエンジンが搭載されており、姿勢制御も同じエンジンシステムで行います。つまりソーラーパネルで電力が得られる限り、またこれら機器が壊れない限り長期間運用できる特徴があります。
また、オール電化により従来のように化学燃料を搭載するスペースを省略することができ打ち上げコストも削減することができるとのことです。

同社によると、この衛星の開発費用だけで6億7500万ドル(約785億円、2機分の値段?)かかったと話しており、“はやぶさ2”の総事業費140億円と比較すると高価な人工衛星となっています。打ち上げはスペースX社が運用するファルコン9ロケットが使用されるとのことです。

参考:BusinessNewsline 
このエントリーをはてなブックマークに追加