NHK

東京都渋谷区に建設されるというNHKの新社屋。非常に高額な建設費用が過去何度か話題になったものの、最近、その内訳が明らかになり再度話題になっていました。

 NHKが、老朽化で建て替えを検討している東京都渋谷区の放送センターについて、同区の神宮前地区を移転先の最有力候補として、土地を所有する東京都と交渉していることが29日、関係者への取材で分かった。

 これまでNHKは複数の移転候補地を検討していたが、立地の良さなどから同地区が選ばれたとみられる。交渉がまとまらない場合、現在地での建て替えとなる可能性も残されているという。

 NHKは新放送センターの耐震性を十分確保するとともに、「8K(スーパーハイビジョン)」など次世代技術への対応を図る。2025年の運用開始を目指している。

Sponichi
NHKは渋谷区にある本社について2025年までに建て替え及び運用開始を目指しているのですが、その費用があまりに巨額であると昨年話題になりました。現在判明しているNHK新社屋は同じく渋谷区が移転候補地としており過去に3400億円に上る建設費がかかるとされていたいのですが、うち土地を含めた(?)建物だけで1900億円かかることが明らかになったようです。

1900億円の建物費用はどれだけなのか。東京スカイツリーの建設費は約400億円(総事業費約650億円)、世界一高い超高層ビルで知られるブルジュ・ハリファが15億ドル、東京都庁舎が1569億円を超えていることがわかり、ネットでは批判が寄せられています。
  • 「渋谷にスカイツリーを超える巨大ビルがそびえ立つのか」 
  • 「あべのハルカスは760億円」
  • 「核ミサイルの施設でも作る予定なのか?」
  • 「てかNHKって東京にある必要ある?」
  • 「NHKなら空母の1隻や2隻ラクに運用出来そうだな」 
  • 「NHKの闇は深いな、ドキュメンタリーでやれよ」
また、現在の本社がそれほど傷んでいるようには見えず、そもそも建て替えの必要性についても疑問が寄せあっれているそうです。
ちなみに、同じ放送局としてフジテレビは約1500億円、TBSは約1400億円、日本テレビは約1100億円、テレ朝は約500億円で新社屋を建てているとのことです。
このエントリーをはてなブックマークに追加